ホイットニー・ヒューストン、全てをオプラ・ウィンフリーに語る 日本語訳 パート3(2008年9月15日放映分 )

アメリカで最も有名なトーク番組の司会者、オプラ・ウィンフリーに「私のキャリアの中で最もパワフルなインタビュー」と言わしめたこのインタビュー。ボビーに恋に落ちた理由、何が彼女に離婚を踏み切らせたのか、決断に時間がかかった理由などを語る。2008年9月15日放映されたインタビュー。

作曲者スティーブン·シュワルツが語るホイットニー·ヒューストン『ホエン·ユー·ビリーヴ』収録秘話

ホイットニー・ヒューストンとマライア・キャリーの世紀のデュエット『ホエン・ユー・ビリーヴ』。映画『プリンス・オブ・エジプト』の主題歌だったこの曲、最近『The Messenger  』の記事の中で、作家スティーブン・シュワルツが振り返ったホイットニーとの収録秘話。そして第71回アカデミー賞のノミネートの微妙な裏話。

R & Bスター、リアーナが語るホイットニー 「音楽業界に入った理由の一つはホイットニーの存在」

R & B スーパースター、リアーナが音楽業界に入ったのはホイットニー・ヒューストンに対する憧れが大きかった。リアーナが語るホイットニーへの想い。そしてホイットニー伝記映画への出演について。2012年のMTV インタビューより。

アリサ・フランクリンとのデュエット中スタジオに走った微妙な雰囲気

ホイットニー・ヒューストンと「クイーン・オブ・ソウル」アリサ・フランクリンの間には複雑な関係があった。プロデューサー、ナラダ・マイケル・ウォルデンが目撃した、1989年のデュエットのレコーディング光景。

「ボディーガード」時代のホイットニー・ヒューストン、黄金の必聴ボーカル「Look Into Your Heart」

1994年2月にリリースされたベテラン・アーティスト、カーティス・メイフィールドのためのトリビュート・アルバム「A Tribute to Curtis Mayfield」に参加した当時人気絶頂のホイットニー。映画「スパークル」より「Look Into Your Heart」を選び、黄金の歌声を響かせている。

R & Bシンガー、モニカが語るホイットニー・ヒューストンがくれた大切なアドバイスとは

14歳でデビューし、「So Gone」「Angel of Mine」「For You I Will」数々のヒット曲を誇るR & Bシンガー、モニカ。個人的にもホイットニーと親しかったモニカが語る特別な思い出と『人間』ホイットニー・ヒューストン。

爆笑!ラッパーのリル・キムが語るホイットニー・ヒューストン「私が出会った中で誰よりも気取ったところがなかった人」

「Put The Lighters Up」等、数々のヒット曲を飛ばしたブルックリン出身ラッパー、リル・キム。ホイットニーの葬式の前日、インタビューでホイットニーとの関わりについて聞かれ、知られざるエピソードを披露している。

ホイットニー・ヒューストンが最後にリメイクを切望したトラック、Lovin’ Is Really My Game

「素敵なSomebody」プロデューサー、ナラダ·マイケル·ウォルデンの著書によると、ホイットニーが最後にリメイクを希望した曲は「Lovin’ Is Really My Game」というディスコ・トラック。ホイットニーと親交が深かったナラダが交わした最後の会話とは。